RSS

レノボのPC世界シェア17.1%、13年はHP抜いて世界首位

2014年1月12日(日) 14時07分(タイ時間)
【中国】IT調査会社IDCが9日に発表した最新統計によると、聯想集団(レノボ・グループ:992/HK)の2013年・パソコン世界シェア(出荷ベース)は17.1%に拡大し、ヒューレッドパッカード(HP)の16.6%を抜いて年間で世界首位に浮上した。

 12年はHPが16.6%、レノボが15.0%。HPに1.6ポイントの差を付けられていた。

 レノボは13年第2四半期から3四半期連続で世界首位を維持している。第4四半期は18.6%に躍進。HP(16.8%)を抜いている。12年通年は16.1%と、HPの17.3%を下回っていた。

 出荷台数をみると、2013年通年はレノボが5377万1000台、HPが5217万1000台。13年第4四半期は、レノボが1527万9000台、HPが1377万9000台だった。

 IDCは13年のレノボPC販売について、欧州・中東・アフリカ(EMEA)、日本、南米の伸びが顕著だったと指摘。北米部門の業績成長は鈍化したものの、他のマーケットでリーダー的地位を保ったと総括した。
《亜州IR株式会社》

注目ニュース

レノボ、タイで低価格タブレット発売newsclip

【タイ】中国のパソコン大手レノボ・グループ(聯想集団)は米グーグルの基本ソフト(OS)「アンドロイド」を搭載した7インチサイズのタブレット(多機能携帯端末)、「A1000」と「A3000」をタイで...



新着PR情報