RSS

イオン、ホーチミン市にベトナム1号店

2014年1月12日(日) 19時51分(タイ時間)
【ベトナム】イオンは11日、同社のモール型大規模商業施設のベトナム1号店「イオンモールタンフーセラドン」をホーチミン市に出店した。

 ホーチミン市中心地から西に約9キロのタンフー区で開発が進められている新興住宅街「セラドンシティ」に立地。地上4階、地下1階、延床面積約7・9万平方メートル、賃貸面積約5万平方メートルで、核店舗の総合スーパー「イオンタンフーセラドン店」と、衣料品、外食店、室内遊園地、映画館など約120の専門店で構成される。

 イオンはベトナムで2008年から日系企業初となる割賦販売事業を展開。2011年末からコンビニエンスストア「ミニストップ」のフランチャイズ展開を開始し、現在17店が営業している。

 イオンが海外でモール型大規模商業施設を出店するのはマレーシア、中国に次ぐ3カ国目。
《newsclip》

注目ニュース

【カンボジア】イオングループ傘下でショッピングセンター(SC)内の子ども向け室内遊戯施設を運営するイオンファンタジーは17日、カンボジアに出店すると発表した。イオンが2014年上期にプノンペンで開...

【タイ、マレーシア、中国】イオングループ傘下でショッピングセンター(SC)内の子ども向け室内遊戯施設を運営するイオンファンタジーは12月に中国、タイ、マレーシアで計13店舗出店する。

イオン、タイ家具大手インデックスとマレーシアで合弁newsclip

【マレーシア】イオンは20日、タイの家具製造販売大手インデックス・リビング・モールとマレーシアに合弁会社を設立し、家具、インテリア商品の販売を行うと発表した。

特集



新着PR情報