RSS

バンコクの大気汚染改善 反政府デモで交通量急減

2014年1月16日(木) 01時33分(タイ時間)
【タイ】タイ公害管理局によると、バンコク都内の全域で15日、大気中の直径10マイクロメートル以下の粒子状物質PM10の値が基準値(1立方メートルあたり120マイクログラム)を下回った。反政府デモ隊が主要交差点を占拠し、道路交通量が急減したためとみられる。

 15日のPM10の24時間平均値はバンコク都バンカピ区で55マイクログラム(1月7日137マイクログラム)、都内パトゥムワン区のラマ4世通りで72マイクログラム(同173マイクログラム)、バンコク郊外のノンタブリ県パクレットで64マイクログラム(同129マイクログラム)、バンコク郊外のサムットプラカン県パクナムで81マイクログラム(同137マイクログラム)だった。
《newsclip》

注目ニュース

【中国】中国北部を中心に深刻な大気汚染が続いている。中央気象台はクリスマスイブとなった24日、スモッグ警報の最高レベルである黄色警報を連日で発令した。

【タイ】タイ天然資源環境省が2012年に実施した環境汚染調査で、タイ国内各地の海の水質は「非常に良い」が2008年の16%から0%に、「良い」が同48%から15%に減るなど悪化が目立った。「普通」...



新着PR情報