RSS

バンコクのマンション価格、平均5・5%上昇

2014年1月19日(日) 17時04分(タイ時間)
【タイ】タイ政府住宅銀行(GHB)不動産情報センターによると、2013年下半期のバンコクのマンション価格は前年同期比5・5%上昇した。

 上昇幅は1平方メートル当たり5万バーツ未満の物件で5・6%、5万―8万バーツの物件で8・6%、8万1―12万バーツの物件で7・9%、12万1バーツ以上の物件で3%だった。

 価格上昇幅が大きかった地区はジャトゥジャク区のラチャダピセーク通り、フアイクワーン区のラチャダピセーク通りとラマ9世通り、ラチャテウィー区とワタナー区の電車沿線など。
《newsclip》

注目ニュース

三菱地所、バンコクでマンション開発に参画newsclip

【タイ】タイ証券取引所(SET)上場の不動産ディベロッパー、AP(タイランド)は16日、三菱地所と合弁で、2014年上半期にバンコクでのマンション3件の開発を始めると発表した。

スクムビット24に高層マンション リパタパンロップ家が開発newsclip

【タイ】不動産ディベロッパーのプラウド・リアルエステートはバンコク都内のスクムビット・ソイ24通りに高層マンションを開発する。

BTSスラサック駅前に高級高層マンションnewsclip

【タイ】タイの財閥KPNグループは分譲価格1平方メートル当たり約20万バーツという高級マンションをバンコクの高架電車BTSスラサック駅前に開発する。

【タイ】バンコクの新築高層マンションの壁の中身がセメントではなく発泡スチロールや紙だったとして、このマンションを購入した外国人男性が不動産ディベロッパーに抗議している。

【タイ】三井不動産レジデンシャルはタイの不動産ディベロッパー、アナンダー・ディベロップメントと合弁会社を設立し、バンコク都心のシーロム・サトン地区に隣接する地下鉄MRTサムヤーン駅近くに高層マンシ...



新着PR情報