RSS

中国:「上海蟹」のネット通販、9割に重量偽装=上海で調査

2014年1月19日(日) 19時00分(タイ時間)
【中国】上海市消費者権益保護委員会がこのほど実施した抜き取り調査で、インターネット通販サイトで販売される「上海蟹」の9割に重量の偽装が存在する実態が分かった。サイトに表示される重さが、実測との比較で最大で3割あまり水増しされていたという。

 同委の調査員が一般消費者を装って、大手14サイトを通じて16杯のカニを購入。実際の重量を計測してみたところ、表示重量の最低値に達していたのは2杯(12.5%)のみ。残り14杯は、1.17~32.89%の幅で重量が水増しされていた。

 本場の陽澄湖(江蘇省蘇州市)産として「御姑蘇」ブランドで販売されていた上海蟹は、サイト上で1540~1620グラムと表示されていたが、実測では1219グラム。26.33~32.89%水増しされていた計算だ。

 ネット通販で上海蟹を求める消費者は年々増えている。近年はネット通販利用者からの上海蟹を巡るクレームが相次いでいる状況。重量の偽装がその主な内容となっている。

 今回の調査では、包装の破損、領収書の発行拒否、時間指定配達の無視――といった問題の存在も明らかになった。
《亜州IR株式会社》


新着PR情報