RSS

流通パッケージソフトのヴィンクス、ベトナムに開発会社

2014年1月21日(火) 03時52分(タイ時間)
【ベトナム】ヴィンクス(大阪市北区)は17日、ソフト開発、システムの導入・展開・教育・運用・保守、ネットワークサービス、機器販売を手がける新会社をベトナムに設立したと発表した。

 新会社は「ヴィンクスベトナム」。資本金約1億円で、ヴィンクスが90%、ベトナムのフジネットが10%出資した。設立初年度は東南アジア諸国連合(ASEAN)の大手総合小売業向けのサポート拠点および開発拠点としての機能を担い、マレーシア子会社ヴィンクスマレーシアと連携して効率的な事業運営を目指す。
《newsclip》

注目ニュース

【ベトナム】オルトプラス(東京都渋谷区)は28日、モバイルコンテンツなどの企画、開発、運用を行う全額出資子会社をベトナムに設立したと発表した。新会社は「オルトプラス・ベトナム」(資本金60万ドル)。

【ベトナム】日本精機(新潟県長岡市)は9日、ベトナム中部のダナン市にソフトウエア開発を手がける全額出資子会社「ダナンニッポンセイキ」(資本金100万ドル)を設立したと発表した。

【ベトナム】ヴィンキュラムジャパン(大阪市北区)は19日、ベトナムにソフトウェア開発、システム導入・展開・教育・運用・保守、ネットワークサービス、機器販売を手がける子会社を設立すると発表した。名称...

【タイ】システナ(東京都港区)は28日、ソフトウェア開発、IT(情報通信)機器販売、ITサービス全般を手がける合弁会社をタイに設立すると発表した。新会社は「システナ(タイランド)」。資本金400万...

【ベトナム】セプテーニ(東京都新宿区)は14日、ソフトウェアのオフショア開発拠点として、ベトナムに100%出資子会社「セプテーニ・テクノロジー」を設立したと発表した。9月までに30人以上の体制を整...

特集



新着PR情報