RSS

バンコクの反政府デモ 経費は1日いくら? 資金源は?

2014年1月21日(火) 03時52分(タイ時間)
バンコクの高架電車BTSアソーク駅前の反政府デモ会場(20日)の画像
バンコクの高架電車BTSアソーク駅前の反政府デモ会場(20日)
写真、ニュースクリップ
バンコクの高架電車BTSアソーク駅前の反政府デモ会場(20日)の画像
バンコクの高架電車BTSアソーク駅前の反政府デモ会場(20日)
写真、ニュースクリップ
バンコクの高架電車BTSアソーク駅前の反政府デモ会場(20日)の画像
バンコクの高架電車BTSアソーク駅前の反政府デモ会場(20日)
写真、ニュースクリップ
バンコクの高架電車BTSアソーク駅前の反政府デモ会場(20日)の画像
バンコクの高架電車BTSアソーク駅前の反政府デモ会場(20日)
写真、ニュースクリップ
バンコクの高架電車BTSアソーク駅前の反政府デモ会場(20日)の画像
バンコクの高架電車BTSアソーク駅前の反政府デモ会場(20日)
写真、ニュースクリップ
バンコクの高架電車BTSアソーク駅前の反政府デモ会場(20日)の画像
バンコクの高架電車BTSアソーク駅前の反政府デモ会場(20日)
写真、ニュースクリップ
バンコクの高架電車BTSアソーク駅前の反政府デモ会場(20日)の画像
バンコクの高架電車BTSアソーク駅前の反政府デモ会場(20日)
写真、ニュースクリップ
【タイ】バンコクで昨年10月から続く反政府デモ。

 今月13日からは、主要交差点7カ所などを土のうで封鎖、巨大なスクリーン、ステージ、テント、簡易トイレなどを設営し、座り込みを続けている。デモ参加者には食事や飲み物が無料で振る舞われ、演説の合間に歌謡ショーなどが行われる。

 大掛かりなコンサートを複数の場所で連続開催しているようなもので、デモ参加者は口々に「楽しい」と笑顔をこぼす。デモ会場の座り込み要員の多くは、デモを主導する野党民主党の地盤である南部や東部から大型バスで送り込まれた人で、1日数百バーツの「日当」が支払われているという。夜になると、仕事を終えたバンコク都民がデモに駆けつけ、人数が一気に増える。

 こうしたデモの費用だが、デモ隊のスポークスマンはデモ会場が1カ所だった1月8日の時点で、音響機器やステージ、無料の食事などで1日400万―500万バーツかかるとしていた。同日までに5000万バーツの寄付が集まったとも主張していたが、13日以降、デモ会場は一気に増え、運営費も跳ね上がったと予想される。苦しい台所事情を反映してか、デモ隊を指揮するステープ元副首相(元民主党幹事長)は16日、バンコク都内のデモ会場で演説した際に、デモの経費を賄うため、サムイ島の所有地を2500万バーツで売却し、自分の子どもも土地を売ったと話した。デモの実際の費用や資金の出どころは不透明で、タクシン元首相、現政府と対立する特権階級が資金源といううわさもある。
《newsclip》

特集



新着PR情報