RSS

バンコク反政府デモ、物流への影響は限定的

2014年1月21日(火) 13時38分(タイ時間)
【タイ】バンコク都内の主要交差点を占拠した反政府デモの影響について、阪急阪神エクスプレスは20日現在、通常通り営業していると発表した。

 同社によると、タイは電子通関を採用しているため、現時点で通関業務に大きな影響は出ていない。バンコク中心部の荷物の集配は道路封鎖で影響が出ている。バンコク国際空港(スワンナプーム空港)と主要な港(バンコク港、 レムチャバン港、 ラッカバンICD)は通常通り機能している。原産地証明書の発行機関である商務省貿易局の本局が業務を停止しているが、空港事務所でバックアップの対応中。投資促進法に基づく税的恩典などの申請先であるタイ投資委員会(BOI)は本部が業務を停止しているが、承認レターの引き渡しは空港事務所で対応中。スワンナプーム空港発着の一部の航空会社が3月までのバンコク便減便を発表しているが、阪急阪神エクスプレスの航空貨物スペースへの影響は限定的で、現時点では十分に対応可能だという。

 近鉄エクスプレスは20日現在の情報として、バンコク都内の一部封鎖地区を除き、交通にほとんど支障はないと発表。空港、港湾などの物流インフラはほぼ通常通り機能し、集配送もほぼ平常通りだとしている。
《newsclip》

特集



新着PR情報