RSS

日本政府、チェンマイのミャンマー難民向け校舎建設に370万バーツ無償供与

2014年1月21日(火) 23時24分(タイ時間)
日本政府、チェンマイのミャンマー難民向け校舎建設に370万バーツ無償供与の画像
日本政府、チェンマイのミャンマー難民向け校舎建設に370万バーツ無償供与
写真提供、在チェンマイ日本国総領事館
日本政府、チェンマイのミャンマー難民向け校舎建設に370万バーツ無償供与の画像
日本政府、チェンマイのミャンマー難民向け校舎建設に370万バーツ無償供与
写真提供、在チェンマイ日本国総領事館
【タイ】日本政府はタイ北部チェンマイ市のミャンマー少数民族のための校舎建設に371万バーツを無償供与することを決め、17日、在チェンマイ日本総領事館で、藤井昭彦総領事とワット・パーパオ教育芸術文化振興財団の理事長が署名を交わした。

 タイ北部在住の少数民族シャン族の多くはミャンマーでの迫害を逃れて流入した避難民で、シャン語と同系のタイ語で意思疎通が可能なことから、農業、建設業、製造業、サービス業などの労働者として生計を立てている。

 ワット・パーパオ寺院は約400年前にシャン族がチェンマイ市に建設し、タイ北部のシャン族の宗教伝統文化維持の中心的な役割を担ってきた。1997年にはワット・パーパオ教育芸術文化振興財団を設立し、タイ教育省の認可を得て、寺院の敷地内にシャン族避難民を対象とした小学校(幼稚部併設)と成人学校を開設し、総合教育やシャン語・シャン伝統文化の継承を図ってきた。

 日本政府は今回、同財団の要請を受け、就学希望者の増加による教室不足解決のため、新校舎の建設費用支援を決めた。
《newsclip》

注目ニュース

日本政府、タイ東北の養護学校に油圧リフト付バス無償供与newsclip

【タイ】日本政府はタイ東北部コンケン県の養護学校シーサンワーン・コンケン学校に油圧リフト付バスを無償供与する。支援額は310万バーツ。9日、在タイ日本大使館で佐藤重和大使とシーサンワーン・コンケン...

【カンボジア】安倍首相は15日、日本・東南アジア諸国連合(ASEAN)特別首脳会議に出席するため日本を訪れたカンボジアのフン・セン首相と約45分会談し、カンボジアに対し、3件、総額138億円の円借...



新着PR情報