RSS

タイ下院選の期日前投票 反政府派妨害で混乱、死者も

2014年1月27日(月) 01時16分(タイ時間)
24日にパトゥムタニで押収された武器の画像
24日にパトゥムタニで押収された武器
写真提供、タイ警察
24日にパトゥムタニで押収された武器と容疑者の画像
24日にパトゥムタニで押収された武器と容疑者
写真提供、タイ警察
24日にパトゥムタニで押収された武器の画像
24日にパトゥムタニで押収された武器
写真提供、タイ警察
容疑者が乗っていた乗用車の画像
容疑者が乗っていた乗用車
写真提供、タイ警察
【タイ】2月2日のタイ議会下院総選挙の期日前投票が26日、行われた。

 タイのテレビ報道によると、下院選をボイコットした野党民主党の地盤であるバンコクや南部のプーケット県、クラビ県、スラタニ県などで、反政府デモ隊が投票会場を封鎖するなどして投票を妨害し、全国の375選挙区のうち89選挙区で投票会場が閉鎖され、期日前投票を登録していた約200万人のうち44万人が投票できなかった。

 タクシン元首相派の与党プアタイの地盤である東北部、北部では大きな混乱は起きなかった。

 政府は、選挙委員会が期日前投票に消極的で、投票会場の警備を怠り、会場の閉鎖を早々に決めたとして批判した。

 同日午後2時20分ごろ、バンコク都バンナー区の仏教寺院ワット・シーイヤム近くで、同区の投票会場を閉鎖に追い込んだ反政府デモ隊と政府支持派の市民グループが衝突し、街宣車に乗ったデモ隊幹部の男性が銃撃され死亡、11人がけがをした。

 また、24日夜、バンコク郊外のパトゥムタニ県の路上検問で、乗用車からAK47自動小銃1丁、ロケット砲1基、手りゅう弾1発などがみつかり、運転していた男(45)が逮捕された。警察は反政府デモとのつながりを調べている。

 インラク首相と選挙委員会は28日に会談し、下院選を延期するかどうかを話し合う予定。選挙委は下院選の延期を主張し、予定通り実施する方針の政府と対立。今月24日には、憲法裁判所が選挙委の訴えを受け、下院選の延期は憲法上可能という判断を下した。この判断に対し、学識者の一部は、法的根拠がないとして憲法裁を批判している。また、小規模な政党の一部は、下院選を延期した場合は首相と選挙委員会を告訴する方針を示している。
《newsclip》

注目ニュース

タイ総選挙は延期可、与党解党要求も タクシン派の宿敵、憲法裁動くnewsclip

【タイ】タイ選挙委員会が議会下院総選挙の投票日の延期が可能かどうか、可能な場合、延期する権限を持つのは政府か選挙委員会かに関する判断を求めた裁判で、憲法裁判所は24日、延期は可能で、新たな投票日は...

「反王室の国賊タクシンを撃て」 タイの反政府デモnewsclip

【タイ】バンコクでは2日も、反タクシン元首相派の市民による反政府デモがあり、タイ首相府やバンコク首都警察の周辺で数千人のデモ隊と警官隊が衝突した。



新着PR情報