RSS

タイ南部クラビ沖でツアーボート沈没、欧米人ら20人救助

2014年1月27日(月) 14時50分(タイ時間)
【タイ】24日午前10時半ごろ、タイ南部クラビ県のポーダ島の沖合約500メートルの海上で、欧米人乗客18人とタイ人船員2人が乗ったボートが沈没した。乗客、乗員全員は近くを通りかかった船に救助され、無事だった。

 沈没した船は本土からクラビ沖の島をめぐるツアーを行っていた。定員(13人)オーバーだった上、事故当時、現場周辺は波が高く、舷側から海水が流れ込んだという。
《newsclip》

注目ニュース

【タイ】22日午前8時ごろ、プーケット島の沖約500メートルの海上で、中国人旅行者16人とタイ人船員2人が乗ったボートが沈没した。乗客、乗員全員は近くにいた漁船などに救助され無事だった。

【タイ】3日夕方、タイ東部パタヤ沖の海上で、乗客、乗員200人以上が乗った船が沈没した事故で、7日、乗客のロシア人の少年(12)が入院先の病院で死亡した。

【タイ】19日午後1時ごろ、タイ南部クラビ県のピーピー島沖で、中国人男性(37)がボートのスクリューに接触して腹部に大けがを負い、死亡した。警察はボートを運転していたタイ人男(30)を過失致死容疑...

【タイ】1月30日、タイ南部プーケット島からピーピー島に向かっていたスピードボートが高さ3、4メートルの波に乗り上げて大きくバウンドし、乗客の外国人約40人の多くが床に叩きつけられるなどした。この...

特集



新着PR情報