RSS

72時間以内に庁舎奪還 タイ政府、バンコクのデモ隊に警告

2014年1月28日(火) 03時47分(タイ時間)
ステープ元副首相の画像
ステープ元副首相
写真、ニュースクリップ
ステープ元副首相の画像
ステープ元副首相
写真、ニュースクリップ
ステープ元副首相の画像
ステープ元副首相
写真、ニュースクリップ
ステープ元副首相の画像
ステープ元副首相
写真、ニュースクリップ
ステープ元副首相の画像
ステープ元副首相
写真、ニュースクリップ
ステープ元副首相の画像
ステープ元副首相
写真、ニュースクリップ
ステープ元副首相の画像
ステープ元副首相
写真、ニュースクリップ
【タイ】非常事態宣言に基づく反政府デモ対策本部を指揮するチャルーム労相は27日、反政府デモ隊が封鎖占拠したバンコク首都圏の政府庁舎とラマ8世橋の奪還に乗り出すと表明し、デモ隊に対し、72時間以内に政府庁舎とラマ8世橋から退去するよう警告した。

 奪還作戦は警察が担当し、軍は参加しない。また、バンコクの主要交差点を占拠するデモ隊の強制排除は行わないもよう。チャルーム労相はまた、反政府デモを指揮する民主党のステープ元副首相が治安担当の副首相だった2010年当時、タクシン元首相派のデモ鎮圧に軍による夜間の強制排除や戦争用武器の使用を認めたことを取り上げ、今回の反タクシン・反政府デモの取り締まりで戦争用武器は使用せず、夜間の強制排除も行わないと述べた。

 ステープ元副首相らは警告を無視して庁舎の封鎖を続け、政府との話し合いにも応じない方針。また、デモ対策本部の解散を要求し、対策本部が設置された麻薬取締委員会事務局をデモ隊で包囲する構えだ。

 デモ隊はタクシン元首相を中心とする汚職利権構造の排除、タクシン元首相の妹であるインラク首相の退陣などを要求。反タクシン派の劣勢が予想される2月2日の下院総選挙は投票の妨害などで阻止する構えだ。

 一方、タイ法務省特捜局は27日、反政府デモを資金や装備などで支援しているとして、大手民間企業約30社に警告したことを明らかにした。バンコクの反政府デモは今月13日から主要交差点7カ所などを占拠、土のうで道路を封鎖し、それぞれの場所に巨大なスクリーン、ステージ、テント、簡易トイレなどを設営して、座り込みを続けている。デモ参加者には食事や飲み物が無料で振る舞われ、演説の合間に歌謡ショーなどが行われる。デモ会場に常駐するデモ参加者の多くは民主党の地盤である南部などから送り込まれ、1日500―1000バーツの手当てが支給されているとされる。こうした費用を含め、デモの経費は1日1000万バーツを超えるとみられている。また、映像音響設備やステージの設置にはイベントのプロの手助けが不可欠で、イベント会社の関与も疑われている。
《newsclip》

注目ニュース

タイ下院選の期日前投票 反政府派妨害で混乱、死者もnewsclip

【タイ】2月2日のタイ議会下院総選挙の期日前投票が26日、行われた。

【タイ】26日のタイのテレビ報道によると、プミポン国王夫妻が反政府デモで死傷した市民、警官らに対し、葬儀代とバンコク都庁管理下の病院での入院治療費を提供していたことが明らかになった。

特集



新着PR情報