RSS

中国:商業銀の「理財商品」募集数、13年は56%増を記録

2014年2月4日(火) 13時48分(タイ時間)
【中国】全国の商業銀行を通じて募集された「理財商品」の数は、2013年通年で4万5825件に拡大した。前年比で56.2%の伸びを記録している。金融分析サイトの銀率網(RATE/NYSE)が統計を発表した。

 一方、償還数も4万1643件に達した。うち利回りが公表されたものは2万8708件(全体の68.9%)。なかでも実際の利回りが想定水準に届いたものは2万8535件(利回り公表のうち99.4%)を数えた。

 運用通貨別では、人民元物が63.3%増えたのに対し、外貨物は26.6%縮小した。この背景には、人民元為替レートの上昇などがあるとみられる。利回りに関しては、ほとんどが年5%を突破した。

 高利回りを謳った「理財商品」の規模は中国で急ピッチに増大中。銀監会・創新監管部の王岩岫主任は昨年7月の金融フォーラムで、「理財商品の販売規模は、13年6月末時点で9兆8500億人民元(約170兆円)に膨らんだ」とする見方を示した。2007年末の時点では、5000億人民元に過ぎなかったとされる。

 理財商品を含むシャドーバンキング問題に関しては、管理監督強化に関する国務院の通達が今年1月に発表された。しかし、その定義が抽象的であるほか、人民銀行と銀監会のどちらの管理監督下に置かれるかが不明確な業態や、商品の存在を指摘する声もある。
《亜州IR株式会社》

特集



新着PR情報