RSS

4月のタイ正月期間中 タイ航空、仙台便を特別運航

2014年2月4日(火) 17時46分(タイ時間)
【タイ】タイ国際航空はバンコク―仙台間の直行便を4月8―17日に運航する予定だ。週3往復で、使用機材はエアバスA330―300型機(ビジネスクラス36席、エコノミークラス263席)。

 タイ航空のバンコク―仙台便は昨年12月3日から週3往復で運航を開始し、今年3月28日で打ち切りになる。しかし、4月8―17日はタイ正月(水かけ祭り)の休みで、タイ人の日本旅行や在タイ日本人の帰省の需要が高く、特別に運航する。

 タイ―日本間の空路の需要はタイでの大規模な反政府デモを受け冷え込み、タイ航空は2月から3月にかけ、バンコク―成田、バンコク―関西、バンコク―名古屋を減便する。
《newsclip》

注目ニュース

【タイ】タイ国際航空はバンコク―仙台直行便の運航を3月29日で打ち切る。搭乗率が低迷したため。

【タイ】タイ国際航空は現在毎日1往復のバンコク―羽田線を3月29日から毎日2往復に増便する。

揺れるタイ航空 倒産、意図的な運航遅延のうわさ否定newsclip

【タイ】タイ国際航空は7日、声明を出し、インターネット上に流れている、同社が倒産するといううわさと、同社の社員が今月5日、同社便の運航を意図的に遅らせたといううわさを否定した。

【タイ】24日午後6時ごろ、タイ国際航空のコンケン発バンコク行きTG043便、エアバスA300―600型機がバンコク郊外のスワンナプーム空港に着陸後、ブレーキに不具合が起き、牽引車、消防車が出動する...

タイ航空社長が辞任 業績低迷、トラブル続き newsclip

【タイ】タイ国際航空は20日、ソラジャク・カセームスワン社長が健康上の理由で辞任すると発表した。



新着PR情報