RSS

バンコクの反政府デモ、ラマ8世橋からも撤収

2014年2月5日(水) 03時19分(タイ時間)
BTSアソーク駅前のデモ会場(4日)の画像
BTSアソーク駅前のデモ会場(4日)
写真、ニュースクリップ
BTSアソーク駅前のデモ会場(4日)の画像
BTSアソーク駅前のデモ会場(4日)
写真、ニュースクリップ
BTSアソーク駅前のデモ会場(4日)の画像
BTSアソーク駅前のデモ会場(4日)
写真、ニュースクリップ
BTSアソーク駅前のデモ会場(4日)の画像
BTSアソーク駅前のデモ会場(4日)
写真、ニュースクリップ
BTSアソーク駅前のデモ会場(4日)の画像
BTSアソーク駅前のデモ会場(4日)
写真、ニュースクリップ
BTSアソーク駅前のデモ会場(4日)の画像
BTSアソーク駅前のデモ会場(4日)
写真、ニュースクリップ
【タイ】バンコクの主要交差点などを占拠する反政府デモ隊は4日、チャオプラヤ川に架かるラマ8世橋の封鎖を解除し、撤収すると発表した。5日中に撤収を終える見通しだ。

 デモ隊は1月13日から、ラマ8世橋、バンコク都内の高架電車BTSアソーク駅前などを占拠してきた。占拠した場所のうち、都内のラープラーオ5差路と戦勝記念塔からは3日に撤収。バンコク郊外の総合庁舎(ジェーンワタナ通り)前からも撤収する方向で調整を進めている。

 ラマ8世橋からの撤収が終わると、デモ隊の占拠地は総合庁舎前、BTSアソーク駅前、バンコク都内のパトゥムワン交差点(MBK前)、ラチャプラソン交差点(セントラルワールド前)、ルムピニ公園・サラデーン交差点、民主記念塔周辺、タイ首相府周辺の7カ所になる。

 バンコクの反政府デモは占拠した交差点などに巨大なスクリーン、ステージ、テント、簡易トイレなどを設営し、食事や飲料を無料で振る舞うという大掛かりなもの。ホイッスルやTシャツなど反政府グッズの屋台が軒を連ね、政治演説の合間に歌謡ショーが行われるなど、一見すると村祭りのようだ。デモ会場に常駐する参加者はデモを主導する野党民主党の地盤である南部などから大型バスで送り込まれ、1日数百バーツの「日当」が支払われているという。

 デモの維持には1日数百万バーツの経費がかかるとみられる。今回のデモ会場の削減は、デモ隊が阻止を掲げてきた議会下院選が2月2日に終わり、抗議行動が一段落し、デモの金主が経費削減のため、人気のないデモ会場の閉鎖を指示した可能性がありそうだ。
《newsclip》

特集



新着PR情報