RSS

中国:北京団地内で猫千匹窃盗男が捕まる、天津で食用販売

2014年2月8日(土) 18時29分(タイ時間)
【中国】北京市に赴いては猫を大量に窃盗し、出身地の天津市内に戻って販売していた2人組の男が逮捕された。買い取られた後に、猫は食肉として加工されている。犠牲になった数は1000匹を上回る見込みという。

 西城区百万庄の団地住民が犯人の特定に協力した。今年1月の初旬、1晩だけで飼い猫5匹が団地内で姿を消失。これに不審を感じ、愛猫家グループが自警団を結成し、「夜回り」活動を開始した。今月5日夜も警備を続けていたところ、夜中を超えた翌日午前2時ごろに不審な男を目撃。餌で誘引しながら捕獲し、放し飼いされていた猫1匹を檻に納めようとしている犯行現場をとり押さえた。この春節だけでも100匹あまりを捕獲したとされる。

 引渡先の警察が調べたところでは、主犯格の男は10年ほど前から路上で猫を捕獲。食用の肉として、これまで大量に売り捌いていた。

 ある法律家によると、猫肉販売は複数の罪に抵触する。単なる「野良猫」と「餌付けされた猫」でも、大きな隔たりが存在。団地内で犠牲となった猫は、餌付けした住民らの“共同私有物”と定義できる。治安維持の観点から分析しても、多くの罪に問われることは間違いないという。
《亜州IR株式会社》

注目ニュース

【タイ】タイのテレビ報道によると、タイ警察は11日朝、東北部ナコンパノム県で、ピックアップトラックを運転していたタイ人男(26)を密輸、動物愛護法違反などの容疑で逮捕し、ピックアップトラックに積ま...

【タイ】タイ東北部ムクダハン県の仏教寺院で、住職が子ネコをかみ殺したイヌの首に死んだ子ネコを縛り付け、物議を醸している。

【タイ】タイのテレビ報道によると、17日、タイ中部ナコンパトム県の民家で、住人のタイ人男性(39)とペットのダルメシアン種のイヌが銃で撃たれ死亡しているのがみつかった。警察は男性がイヌを道連れに無...

【タイ】タイのテレビ報道によると、17日夜、タイ北部スコータイ県の草むらで、タイ人少年(15)が顔に大けがを負い死亡しているのが見つかった事件で、警察は19日、死亡した少年と一緒にいたタイ人男(1...

【タイ】「食べると体が温まる」としてベトナムやタイ東北部で人気があるイヌ肉。雨期後半で気温が低下するのにともない、タイ東北部では食用に捕獲されたイヌが当局に保護されるケースが増え、収容施設が満員と...



新着PR情報