RSS

全日空と日航、4月発券分からサーチャージ値上げ

2014年2月9日(日) 11時50分(タイ時間)
【アジア】全日本空輸(ANA)と日本航空(JAL)は4月1日発券分から国際線旅客の燃油特別付加運賃(燃油サーチャージ)を値上げする。

 日本で購入した場合、値上げ後のサーチャージ(日本発1旅客1区間片道)は▽タイ、シンガポール、マレーシア、ミャンマー1万3000円(現行1万1500円)▽ベトナム、フィリピン、グアム、パラオ、サイパン8000円(同7000円)▽中国、香港、台湾7000円(同6000円)▽欧州、北米、中東、オセアニア2万5000円(同2万3500円)▽ハワイ、インド、インドネシア1万6000円(同1万5000円)▽韓国、極東ロシア2500円(同2200円)――。
《newsclip》

注目ニュース

【ミャンマー】ANAホールディングスは27日、ミャンマーの民間航空会社エイジャン・ウイングス・エアウェイズ(AWA)の株式49%を約25億円で取得すると発表した。成長が見込めるミャンマーの航空業界...

【ミャンマー】全日本空輸(ANA)は24日、9月30日から、成田―ヤンゴン直行便を毎日1往復に増便し、使用機材をボーイングB767―300ER型機(ビジネスクラス35席、エコノミークラス167席)に...

【マレーシア】ANAホールディングスは25日、マレーシアの格安航空会社エアアジアと合弁の格安航空会社エアアジア・ジャパン(千葉県成田市)について、エアアジアとの共同事業を解消すると発表した。



新着PR情報