RSS

エースコック、ミャンマーに生産拠点検討 2017年めど

2014年2月9日(日) 11時51分(タイ時間)
【ミャンマー】エースコック(大阪府吹田市)は2017年をめどに、ミャンマーに即席めんの生産拠点を設け、丸紅、ミャンマー企業と共同で、ミャンマーの即席めん市場に本格参入する方針だ。

 ミャンマーは多様なめん食文化が存在し、人口も約6500万人と多く、市場として有望と判断した。

 準備として、今年3月をめどに、ミャンマー最大の都市ヤンゴンに支店を開設する。

 エースコックはすでに、ベトナムのグループ会社エースコックベトナムで製造した即席めんをミャンマー国内で販売している。エースコックは現在、ベトナムで年間30億食の即席めんを販売している。
《newsclip》

注目ニュース

【ベトナム】キリンビバレッジは31日、ベトナムで清涼飲料事業を行う合弁会社キリン・エースコック(ベトナム)飲料の株式49%をエースコックなどから取得、完全子会社化し、5月27日付で社名を「ベトナム...

特集



新着PR情報