RSS

反タイ政府デモ隊幹部はみなリッチ 資産50億円、銀行会長御曹司も

2014年2月11日(火) 17時51分(タイ時間)
【タイ】国会議員の資産報告によると、バンコクの反政府デモを率いる野党民主党の前下院議員9人は、ステープ元副首相を除き、最低でも純資産が1500万バーツ(約4700万円)以上ある。

 純資産額はエーカナット前議員が1億160万バーツ(約3億1600万円)、ターウォン前議員が1億98万バーツなど。ナタポン前議員に至っては純資産15億8106万バーツ(約49億2300万円)と、庶民からかけ離れた資産家だ。ナタポン前議員は父親が大手セメントメーカー、サイアム・シティ・セメントと昨年三菱東京UFJ銀行に買収されたアユタヤ銀行の会長を務め、妻は不動産などで知られるシーウィコン財閥出身。ちなみに、ステープ元副首相ら反政府デモ幹部を宿泊させているとして、タイ治安当局が調査対象に上げた高級ホテル「インターコンチネンタル・バンコク」はシーウィコン財閥がオーナーだ。

 ステープ元副首相は資産2億1010万バーツ、負債3億2398万バーツとなっているが、息子が年商10億バーツ以上、利益1億バーツ超の会社の社長を務めるなど、資金力に問題はないようだ。
《newsclip》

特集



新着PR情報