RSS

中国:吉林省政府組成の「理財商品」がデフォルト、総額165億円

2014年2月13日(木) 14時06分(タイ時間)
【中国】吉林省政府傘下の吉林省信托投資有限責任公司が発行した高利回り金融商品「理財商品」がデフォルトに陥ったことがこのほど分かった。

 第4期が償還を迎えた7日になっても、投資家に払い戻しが行われていない。すでに償還日を過ぎた第1期、第2期、第3期も支払いが滞っている。この後、今月19日に第5期、3月11日に最終第6期の償還を迎える。

 問題の商品は、吉林省政府が組成した「吉信松花江77号・山西福裕能源プロジェクト信託計画」。中国建設銀行の山西省支店窓口を経由し、2011年11月から2012年3月にかけて富裕層顧客から合計9億7270万人民元(6期分、約165億円)が集められていた。

 プロジェクト遂行資金として山西福裕能源公司に融資されていた。上海証券報などによると、資金の返済めどは立っていない。発行元の吉林省信托投資は「山西福裕能源は経営破たんしたわけではなく、再編作業に着手したにすぎない」と説明。「返済条件の変更に向けて、交渉を進めている」と強調しているという。
《亜州IR株式会社》


新着PR情報