RSS

タイの銀行融資、不良債権比率2・2% 自動車ローンなど上昇

2014年2月17日(月) 03時43分(タイ時間)
【タイ】タイ中央銀行によると、タイの商業銀行の不良(3カ月延滞)債権比率は2012年末の2・3%から2013年末2・2%に低下した。

 同期間に自動車ローンの不良債権比率は1・4%から2%に、クレジットカードローンは2%から2・6%に上昇。事業ローンは2・4%から2・1%に低下した。
《newsclip》

注目ニュース

【中国】中国人民銀行(中央銀行)が15日発表した2013年12月の人民元建て新規銀行貸出純増額は、市場予想(約6000億人民元)を大きく下回る4825億人民元という結果だった。

【タイ】国際協力銀行(JBIC)は4日、マノ精工(東京都立川市)のタイ法人マノ・プレシジョン(タイランド)に対し、多摩信用金庫と協調融資を行うと発表した。総額6500万バーツで、JBICの融資分は...

【タイ】国際協力銀行(JBIC)は4日、横山興業(愛知県豊田市)のタイ子会社ヨコヤマ・コウギョウ(タイランド)に民間金融機関と協調融資を行うと発表した。JBICの融資額は2500万バーツ。

【タイ】国際協力銀行(JBIC)は22日、自動車部品メーカー、キーレックス(広島県安芸郡)のタイ事業に7億円を融資すると発表した。広島銀行との協調融資で、融資総額は12億円。

【タイ】国際協力銀行(JBIC)は14日、福井鋲螺(福井県あわら市)のタイ法人フクイ・ビョウラ(タイランド)に対し、福井銀行と協調融資を行うと発表した。JBICの融資額は4200万バーツ。



新着PR情報