RSS

中国:ブライダル市場規模は8.4兆円、生き残りかけた再編到来か

2014年2月18日(火) 13時34分(タイ時間)
【中国】中国のブライダル市場規模が拡大を続けている。国家民生部のまとめによると、婚礼当日に発生する消費だけをみても、11年は3000億人民元に迫る規模に成長。13年は5000億人民元(約8兆4100億円)に拡大したもようだ。

 ブライダル産業全体でみると、14年の売上高は7500億~8000億人民元(12兆6100億~13兆4500億円)に達するとの試算が報告されている。時代週報が17日までに伝えた。

 しかし同業界には、参入基準や市場集約度が低い――という課題が存在。小規模企業が乱立する中で、サービスを巡る顧客からの苦情が相次ぐ状況だ。「暴利」を指摘する批判的な声も上がる。規範化・集約化が求められていることから、業界再編の機運も高まっているという。

 ブライダル産業のすそ野は広い。ポテンシャルを秘めた巨大市場と捉えられている。ウエディングプロデュース、ブライダルフォトなど基本サービスのほか、家電、家具、寝具、自動車、保険業などの分野の消費も喚起するためだ。このため多くの資本が流入。“雨後の竹の子”のようにブライダル関連企業が誕生した。しかし業界関係者によれば、業界は成熟しておらず、「参入基準が低い、市場集約度が低い、リーダー的な企業が無い」という「2低1無」の状態。関連企業の規模は小さく、従業員に対する教育も行き届いていない。「利益率は50%以上」と同業界の暴利を指摘し、価格設定を疑問視する見方も散見される。

 消費者が価格の透明化を要求し始める中で、専門家は「中国のブラダル業界は近く再編の時期を迎える」との見方。結婚式や披露宴に求める消費者のニーズも個性化しつつあり、従来のままの代わり映えのしないサービスを続けるブライダル企業の生存余地はますます小さくなっている――と指摘している。
《亜州IR株式会社》

注目ニュース

タイの人気女優と県長が結婚、新郎の父は国外逃亡中newsclip

【タイ】タイの人気女優ティアン・ポースワン(通称、ジェニー)さん(31)とタイ中部サムットプラカン県行政体長のチョンサワット・アサワヘームさん(44)が11日、バンコクで記者会見を開き、婚姻届を出...

【中国】中国で婚活サイトを通じて知り合った男性から詐欺被害を受ける女性が増えている。婚活サイトは法的な管理制度が整っておらず、またプライベートに関わる内容であることから、被害を受けても警察に通報せ...

【シンガポール】結婚式場運営のベストブライダル(東京都渋谷区)は25日、シンガポールに結婚式の企画・運営を行う100%出資子会社「ベストブライダル・シンガポール」(資本金50万シンガポールドル=約...



新着PR情報