RSS

中国:銀行カード発行は累計42.14億枚、前年末比19.2%増

2014年2月19日(水) 14時08分(タイ時間)
【中国】銀行カードの発行枚数は、2013年末までの累計で前年末比19.23%増の42億1400万枚に達した。伸びは前年比で0.57ポイント低下している。

 うちキャッシュカード(デビットカード含む)は19.36%増の38億2300万枚。伸びは0.94ポイント鈍化した。クレジットカードは18.03%増の3億9100万枚。伸びは2.03ポイント加速したという。中央銀行の中国人民銀行が17日に公表した「支払いシステム運営総体状況」で明らかにされた。

 国民1人当たりの銀行カード保有数は3.11枚。前年末比で17.80%増えた。うちクレジットカードは0.29枚となっている。大都市圏の上海市、北京市で特にクレジットカードが普及している。市民1人当たりの保有数は、それぞれ全国平均を上回る1.63枚と1.30枚に上った。

 全国のATM設置台数とPOSシステム導入数は、それぞれ52万台と1063万2100台。前年末比で10万4400台(↑25.1%)、351万4300台(↑49.4%)ずつ増加した。機器の増設が相次ぐなか、ATM1台当たりの銀行カード枚数は、前年末比4.71%減の8104枚に縮小している。
《亜州IR株式会社》


新着PR情報