RSS

バンコク伊勢丹近くの反政府デモ会場で爆発 2人死亡、22人けが

2014年2月23日(日) 20時48分(タイ時間)
ビッグC・ラチャダムリ店前の爆発現場(23日)の画像
ビッグC・ラチャダムリ店前の爆発現場(23日)
ビッグC・ラチャダムリ店前の爆発現場(23日)の画像
ビッグC・ラチャダムリ店前の爆発現場(23日)
【タイ】バンコク救急センターによると、23日午後5時ごろ、バンコク都心のショッピング街、ラチャプラソン交差点の反政府デモ会場で爆発があり、タイ人女性とタイ人少年が死亡、22人がけがをした。手りゅう弾が爆発したとみられている。

 爆発があったのは仏系ディスカウントストア、ビッグCスーパーセンター・ラチャダムリ店前。ラチャダムリ通りを挟んだ反対側にはバンコク伊勢丹などが入居する大規模ショッピングセンター、セントラルワールドがある。

 現場から約400メートル離れたプラトゥーナム交差点では21日夜に、手りゅう弾と見られる爆発があり、6人が負傷した。

 また、タイ保健省によると、22日夜、タイ東部トラート県の反政府デモ会場に銃弾や手りゅう弾が撃ち込まれ、5歳の女児が死亡、34人が重軽傷を負った。
《newsclip》


新着PR情報