RSS

重傷の女児と警官死亡、反タイ政府デモ関連の死者20人に

2014年2月24日(月) 16時20分(タイ時間)
【タイ】バンコク救急センターによると、23日午後にバンコク都心のショッピング街、ラチャプラソン交差点の反政府デモ会場で手りゅう弾が爆発した事件で、重傷を負ったタイ人女児(6)が24日、入院先の病院で死亡した。

 この事件による死者は女児と弟(4)、タイ人女性(59)の計3人になった。

 また、18日にバンコクの民主記念塔周辺で起きた警官隊と反政府デモ隊の衝突で重傷を負った男性警官も24日、入院先の病院で死亡した。18日の衝突による死者は警官2人、デモ参加者4人の6人になった。

 22日夜に東部トラート県の反政府デモ会場で手りゅう弾の爆発や銃撃が起きた事件では、死亡したとされる女児(5)が生存し、東部ラヨン県内の病院で治療を受けていることがわかった。ニュースクリップが女児の入院先の病院に確認した。

 反政府デモ関連の死者は昨年11月30日から今年2月24日までで20人。負傷者は700人を超えた。
《newsclip》

特集



新着PR情報