RSS

バンコクのオフィス空室率10%以下に 新規物件乏しく

2014年2月26日(水) 14時15分(タイ時間)
【タイ】米不動産仲介大手CBREによると、バンコクのオフィス空室率は2013年末で9・6%まで下がり、過去20年で初めて10%を下回った。

 需要が伸びる一方、新規の物件が限られているためで、オフィス賃料は年間で5―9%上昇した。

 バンコク都内で2014年中に開業する予定のAクラスのオフィスビルは、ラチャダピセーク通りのAIAキャピタル・センターと高架電車BTSプロムポン駅前のピラットタワー・アト・エムカルティエだけだという。
《newsclip》


新着PR情報