RSS

バンコク空港でカナダ人男性転落死

2014年3月4日(火) 00時06分(タイ時間)
【タイ】2日午前11時20分ごろ、バンコク郊外のスワンナプーム空港で、カナダ人男性(64)が旅客ターミナル4階の橋になっている出入口通路から地上階に転落し、全身を強く打ち死亡した。

 目撃者によると、男性は出入口通路にかばんを乗せた手荷物カートを残し、手すりを乗り越えた。警察は自殺と見て詳しい状況を調べている。

 男性は1月16日にタイに入国、3月22日に出国する予定だった。

 スワンナプーム空港当局によると、同空港では2006年の開港以来、今回を含め7人が転落死した。空港では昨年10月から、転落防止のため、旅客ターミナルの2階と4階の橋になっている出入口通路に高さ2メートルのガラスの側壁を設ける工事を進めている。
《newsclip》

注目ニュース

【タイ】23日午前1時半ごろ、タイ南部プーケット島のマンション、グリーン・プレーシズ・コンドミニアムで、ウクライナ人男性(28)が5階のベランダから地上に転落し、首、両腕、片足の骨を折り死亡した。

【タイ】18日午前0時半ごろ、タイ南部プーケット島パトンビーチの野外バーで、カウンターに上って踊っていたスウェーデン人男性(58)が転げ落ちてセメントの床で頭を打ち、死亡した。

【タイ】26日、バンコク都内の高級ホテル「シャングリラ・ホテル・バンコク」の4階部分で、インドの自動車大手タタ・モーターズ社長のカール・スリムさん(51)が死亡しているのがみつかった。

【タイ】タイのテレビ報道によると、23日午前4時半ごろ、バンコク都マカサン地区ペッブリ通りのホテル「バンコクパレス・ホテル」で、宿泊客のポーランド人の少女(12)が10階客室の窓から1階のひさし部...

タイ北部で橋からバス転落、29人死亡newsclip

【タイ】26日午後11時半ごろ、タイ東北部コンケン市から北部チェンライ市に向かっていた路線バスが北部ペチャブン県の山中で橋から数十メートル下の谷底に転落し、乗客、乗員29人が死亡、4人が重傷を負った。

特集



新着PR情報