RSS

NEC、タイ・コンビニ最大手から最新型POS端末受注

2014年3月4日(火) 00時07分(タイ時間)
【タイ】日本電気(NEC)は3日、タイでコンビニエンスストア「セブンイレブン」を展開するCPオールから、最新の省スペース一体型POS(販売時点情報管理)端末を受注したと発表した。

 CPオールはタイで約7500店のセブンイレブンを運営し、2018年までに1万店に拡大する計画。POS端末は1店舗に2、3台設置され、NECは2020年まで、同社にPOS端末を継続納入する。

 CPオールは2006年から、NECのPOS端末を約2万台導入した。今回、POS端末の更新時期を迎えたため、新型端末の導入を決めた。

 新型端末は本体、12インチ2画面のディスプレー、回転キーボード、プリンターなどを一体化した構造で、現在使用しているタイプに比べ、設置面積が約6割削減される。
《newsclip》

注目ニュース

【シンガポール】クララオンラインは12日、NECビッグローブと合弁で、東南アジア諸国連合(ASEAN)でITインフラサービス事業を行う新会社「フルルート」(資本金80万ドル)をシンガポールに設立し...

【シンガポール】NECは9日、シンガポールに研究拠点「NECラボラトリーズシンガポール」を開設したと発表した。NECの研究所は日本、北米、欧州、中国に次ぐ5カ所目。

【マレーシア】NECは26日、マレーシアの小売り会社ハラリンクが新たに展開するコンビニエンスストア向けに納入した本部・店舗システムが稼働を始めたと発表した。

【アジア】NECは20日、アジア各地域を結ぶ大規模光海底ケーブルシステム「アジア・パシフィック・ケーブル・ネットワーク2(APCN2)」の増設プロジェクトを受注したと発表した。

【ミャンマー】住友商事と日本電気(NEC)は21日、NTTコミュニケーションズとコンソーシアムを組み、ミャンマーの通信インフラ構築を受注したと発表した。日本政府のミャンマーに対する無償資金援助約1...



新着PR情報