RSS

マレーシア航空機、消息絶つ

2014年3月8日(土) 12時30分(タイ時間)
【マレーシア】マレーシア・クアラルンプールを8日未明に出発し、北京に向かっていたマレーシア航空370便(ボーイング777-200型旅客機)が離陸から2時間後に消息を絶った。同便には乗客227人、乗員12人が乗っている。

 スター(電子版)などによると、同便は現地時間の午前0時41分にクアラルンプール国際空港を離陸し、午前2時40分に連絡が取れなくなった。

 新華社によると、同便が消息を絶ったのはベトナムの管制空域内だったという。同便は午前6時半に北京に到着する予定だった。
《newsclip》

特集



新着PR情報