RSS

中国:抗ウイルス薬を園児に違法投与、幼稚園経営者ら5人拘留

2014年3月15日(土) 14時16分(タイ時間)
【中国】園児に無断で抗ウイルス薬を飲ませ続けていたとして、陝西省西安市の警察は12日、市内2カ所の幼稚園の経営者や園長ら合わせて5人を刑事拘留した。

 幼稚園には、園児が病気などで長期間休んだ場合は保育料の一部を返還しなければならないというルールがあるため、園児に風邪をひかせないようにして、園の損失を抑えることが犯行の動機だったとされる。西安市政府が13日に発表した。

 警察の調べによると、5人は2008年11月から13年10月にかけて、医療機関の名義で抗ウイルス薬を4社の医薬品販売業者から合計5万4600錠購入。抗ウイルス薬を園児に飲ませる資格が自分らにないことを知りながら、親には知らせずに園児に服用させ続けていたという。

 今年3月に園児1人が親に伝えたことから、事実の一端が発覚。警察が捜査を進めていた。

 問題の幼稚園2カ所に通う園児は足元で1455人。園児の多くがめまいや腹痛などの副作用の症状を訴えていて、保護者らの怒りは収まっていない。
《亜州IR株式会社》


新着PR情報