RSS

ステープ元副首相の事実婚妻宅に手りゅう弾 富豪相手にバツ2

2014年3月17日(月) 14時27分(タイ時間)
【タイ】バンコクの反政府デモを主導するステープ・トゥアクスバン元副首相(元民主党幹事長)は16日、事実婚の妻シーサクン・プロームパンさんのバンコク都内タウィーワタナ区の自宅に15日夜、手りゅう弾が撃ち込まれたと述べた。けが人はなかったという。

 警察は16日、現場検証のためシーサクンさん宅を訪れたが、家の警備員に敷地内に入ることを拒否された。

 シーサクンさんは野党民主党の実力者ニポン・プロームパン元農相の妹。テレビ局チャンネル7を運営するバンコク・ブロードキャスティング&TV、アユタヤ銀行、セメント大手サイアム・シティ・セメントなどに出資するタイ屈指の富豪クリット・ラタナラック氏と結婚、離婚した後、テーチャパイブン財閥のポンテープ・テーチャパイブン氏(元副工業相)との間に2男1女をもうけた。その後、ステープ氏と内縁関係になった。ラタナラック財閥、テーチャパイブン財閥の関係者はステープ氏率いる反政府デモに参加している。
《newsclip》

特集