RSS

タイ北部、野焼きで大気汚染悪化

2014年3月17日(月) 17時27分(タイ時間)
【タイ】タイ公害管理局によると、タイ北部で野焼きによる煙霧で大気汚染が悪化している。

 大気中の直径10マイクロメートル以下の粒子状物質PM10の24時間平均値(基準値、1立方メートルあたり120マイクログラム)は17日、チェンマイ市で1立方メートルあたり160マイクログラム、メーホンソン市で147マイクログラム、パヤオ市で130マイクログラムだった。
《newsclip》

注目ニュース

マレー半島中部で煙霧悪化 マレーシアnewsclip

【マレーシア】乾燥した天候が続くマレーシアのマレー半島中部では、焼畑などで山野が延焼していることによる煙霧が悪化しており、スランゴール州クラン港では13日、大気汚染指数が「極めて不健康」なレベルに...

【中国】北京・天津・河北エリアの大気汚染が深刻だ。新しい大気環境基準を用いて全国主要74都市を対象に2013年に実施した大気質評価では、大気の状態が悪かった上位10都市中、7都市が同エリアで占められていたこ...

【中国】大気汚染が深刻化する中国で、「早死に」の増加が顕在化している。大気汚染はがん発症の大きな原因の1つとされる。

【タイ】タイ公害管理局によると、バンコク都内の全域で15日、大気中の直径10マイクロメートル以下の粒子状物質PM10の値が基準値(1立方メートルあたり120マイクログラム)を下回った。反政府デモ隊...

【タイ】タイ公害管理局によると、大気中の直径10マイクロメートル以下の粒子状物質PM10が7日もバンコク首都圏の複数の場所で基準値を上回った。



新着PR情報