RSS

東芝など3社、ベトナムで高度道路交通システム受注

2014年3月19日(水) 01時27分(タイ時間)
【ベトナム】東芝、日立製作所、伊藤忠商事の3社は18日、ベトナムで計画されている南北高速道路の一部、南部ホーチミン市―ゾーザイ市間(約55キロ)向けの高度道路交通システム(ITS)一式をベトナム高速道路公社(VEC)から共同受注したと発表した。

 電子料金収受システム(ETC)、交通管制システム、設備監視システムなどからなり、受注額は約40億円。東芝が機器納入、日立が設備設置工事、伊藤忠が商務を担当し、2017年前半に運用を開始する予定。

 南北高速道路のホーチミン市―ゾーザイ市間は日本の円借款事業。VECはITSの導入で、増加する交通需要への対応、物流効率化、交通渋滞の緩和を図る。
《newsclip》

注目ニュース

【マレーシア】三菱重工業は18日、マレーシアのITS(高度道路交通システム)関連企業であるタッチアンドゴー、クアトリズの2社と、マレーシアでのITS事業推進で協業していくための覚書を締結した。

【シンガポール】三菱重工業は22日、三菱商事と共同で、シンガポール北東部の新興住宅地センカンとプンゴルの両地区を走る新交通システムの輸送力増強工事をシンガポール陸上交通局から約120億円で受注した...



新着PR情報