RSS

中国:広東省の家電2工場でデモ、賃金未払いに抗議

2014年3月19日(水) 13時38分(タイ時間)
【中国】広東省のエレクトロニクス工場で、未払い賃金の支払いを要求する従業員約1000人のデモが続いている。両工場を経営する何李杰氏は、予告なく13日から姿をくらました。従業員には2カ月分の給与支払いを遅延させていたという。複数の中国メディアが18日付で伝えた。

 デモが発生したのは、広東桜達電器公司の容桂工場(仏山市順徳区)と南頭工場(中山市)。合計10億人民元(約165億円)の負債を抱えていたとされる。材料供給メーカーへの支払いも滞らせていたようだ。

 経営者が失踪した――との情報が広がるなか、それぞれの従業員は15日から持ち場を放棄し、街頭に出てデモ活動を開始した。地元政府に対しては、未払い賃金分を肩代わりすよう要求。一方、地元の警察は、秩序が乱れないよう政府庁舎周辺を警戒している。

 1993年に設立された広東桜達電器は、コーヒーメーカー、温水器、ミキサーなど小型家電を生産し、主に欧米向けに出荷。年産能力は500万台を超える。従業員総数は1500人。経営者の何李杰氏は2012年に、中山市家電・電器業界の副会長を務めた経歴をもつ。
《亜州IR株式会社》


新着PR情報