RSS

味の素、タイからロシアに冷凍野菜餃子輸出

2014年3月20日(木) 14時47分(タイ時間)
【タイ】味の素は3月末から、タイ子会社のタイ味の素冷凍食品が製造する業務用の冷凍野菜餃子をロシアのモスクワとサンクトペテルブルグで日本料理店を中心とした外食市場向けに販売する。2016年までにロシアで食品事業の売上高6億円を目指す。

 ロシアは人口1・4億人。日本食の人気が高く、日本料理店だけでなく、カフェ、バーなどでも日本食を各地域の嗜好に合わせてアレンジした日本食メニューが提供されている。こうした日本食メニュー提供店は約4000店に上り、そのうち約75%がモスクワとサンクトペテルブルグに集中している。

 日本貿易振興機構(ジェトロ)が昨年12月に新興市場6都市(バンコク、ジャカルタ、ホーチミンシティ、モスクワ、サンパウロ、ドバイ)の現地消費者を対象に実施した日本食品に関するアンケート調査で、「好きな外国料理」に「日本料理」を選んだのはバンコクで66・6%、ジャカルタで50・4%、ホーチミンシティで37・8%、モスクワで35・4%で、いずれもそれぞれの都市で1位だった。
《newsclip》

注目ニュース

味の素、タイでうま味調味料新工場竣工newsclip

【タイ】味の素は16日、タイの連結子会社、タイ味の素が53億9000万バーツ(約170億円)を投じタイ中部アユタヤ県に建設したうま味調味料「味の素」の新工場(年産能力6万4000トン)が7月に本格...

味の素、缶コーヒーのタイ第2工場稼働newsclip

【タイ】味の素は16日、タイの連結子会社、タイ味の素販売が14億700万バーツ(約45億円)を投じタイ中部サラブリ県ノンケ―工業団地に建設した缶コーヒー「バーディ」のタイ第2工場が7月から本格稼働し...

【バングラデシュ】味の素はバングラデシュの首都ダッカ郊外にあるトンギ地区工業団地内で、うま味調味料「味の素」の包装工場を建設し、2013年1月から本格稼働した。投資額は約5700万円。バングラデシ...



新着PR情報