RSS

豪州沖で不明機残骸を発見か

2014年3月20日(木) 20時03分(タイ時間)
【マレーシア】マレーシア航空370便が消息を絶っている問題で、オーストラリアのアボット首相は20日、オーストラリア西部のパースから2500キロメートルのインド洋上の衛星写真を分析した結果、同便の残骸と考えられる2つの残骸を発見したと発表した。

 オーストラリア側の記者会見によると、残骸とみられる物体は最大で24メートルの幅があるという。現在オーストラリア軍が偵察機を現場海域に向かわせており、マレーシア時間の午後5時前に到着予定だ。現場海域の視界は悪いという。

 現場海域は、マレーシア政府が明らかにしている捜索海域と一致する。ただ、オーストラリア当局は「残骸発見は困難な作業であり、物体が同便とは無関係の可能性もある」と説明した。
《newsclip》


新着PR情報