RSS

野村ホールディングス、タイの持分法適用会社を連結子会社化

2014年3月21日(金) 03時53分(タイ時間)
【タイ】野村ホールディングスは19日、野村グループが38・6%出資するタイの持分法適用会社キャピタル・ノムラ・セキュリティーズ(CNS)の連結子会社化を目指し、現地法令にもとづく株式公開買い付けを実施すると発表した。費用は最大で約104億円。

 CNSはタイに25の支店を持つほか、ラオスに駐在員事務所を設けている。従業員529人。2013年12月期の当期純利益は3億9400万バーツ。
《newsclip》

注目ニュース

【タイ】野村総合研究所は15日、タイに現地法人「野村総合研究所タイ」(資本金8000万バーツ)を設立したと発表した。自動車産業を中心とする製造業やサービス業の集積が進むタイで、日系企業および他のグ...

特集



新着PR情報