RSS

シンガポールのテマセク、ドラッグストアのワトソンズ株25%を取得

2014年3月24日(月) 10時02分(タイ時間)
【シンガポール】シンガポール政府系の投資会社、テマセク・ホールディングスは21日、世界各地でドラッグストアなどを展開するA.S.ワトソンの株式24・95%を57億米ドルで取得することで合意したと発表した。

 A.S.ワトソンは香港の実業家、李嘉誠氏が経営する企業。14のブランドで、25の市場に1万500店舗を展開。代表的ブランドの「ワトソンズ」はタイを含むアジアを中心に4000店舗以上がある。
《newsclip》

注目ニュース

【シンガポール】シンガポール政府系投資会社のテマセク・ホールディングスとマレーシア政府系投資会社のカザナ・ナショナルによる合弁会社「M+S」は11日、シンガポール沿海部のマリーナサウスで大規模複合...



新着PR情報