RSS

マレーシアのマリンド航空機、エンジン出火で緊急着陸

2014年3月26日(水) 11時45分(タイ時間)
【マレーシア】マレーシア・クアラルンプール郊外のスバン空港からトレンガヌ州のクアラトレンガヌ空港に向かっていたマリンド航空のATR72―600型旅客機が26日早朝、飛行中にエンジン火災を起こし、スバン空港に緊急着陸した。

 乗客・乗員は全員無事だった。スター(電子版)が伝えた。

 乗り合わせたクアラトレンガヌの地元サッカーチーム選手が出火したエンジンを機内から撮影した写真をソーシャルメディアに掲載し、各メディアに当時の生々しい様子が報じられた。
《newsclip》

注目ニュース

【マレーシア】マレーシアのナジブ首相は24日夜、消息を絶ったマレーシア航空370便について、人工衛星の観測データに基づけば、インド洋南部に墜落したと考えられるとの認識を明らかにした。

【タイ】5日、タイ南部プーケット島の沖合を飛行していたウルトラライトプレーン水上機が岸から約200メートルの海中に墜落し、操縦していたドイツ人男性(65)が死亡した。飛行中にエンジンが爆発したとみ...

【タイ】3日午後7時半ごろ、タイ南部ナコンシータマラート県のタイ軍基地で、訓練を終え帰投したタイ軍のヘリコプターが駐車場に駐車してあったピックアップトラックの上に墜落し、ヘリコプターとトラックの両...

ラオス航空機がメコン川に墜落、乗客・乗員49人全員死亡newsclip

【ラオス】10月16日午後4時(現地時間)ごろ、ラオス航空のビエンチャン発ラオス南部パクセー行きQV301便ATR72―600型機がパクセー空港到着直前にメコン川に墜落し、乗客44人、乗員5人が全員死亡した。

特集



新着PR情報