RSS

中国:上場690社の13年平均給与、銀行除く金融業が702万円で最高

2014年3月26日(水) 13時19分(タイ時間)
【中国】上海・深センの両証券取引所に上場する企業の690社が、23日までに2013年12月期の通期業績を発表した。

 年報を公表した企業の従業員1人当たりの13年平均給与額を業種別に集計したところ、証券・保険・信託など銀行を除く金融業が年間で42万5400人民元(約702万円)となって最高となっている。以下、銀行(39万3200人民元)、不動産(16万8000人民元)、採掘(13万3700人民元)と続いた。

 銀行を除く金融業の13年給与総支給額をみると、中国平安保険(601318/SH、2318/HK)が333億5400万人民元、東北証券(000686/SZ)が5億9536万6600人民元、国元証券(000728/SZ)が5億9636万5900人民元など。

 銀行セクターでは、上海浦東発展銀行(600000/SH)の平均給与額が業界平均を上回る40万5400人民元。うち、董事長・総経理は年俸150万人民元だった。同行の13年給与総支給額は158億200万人民元、行員数は3万8976人に上る。
《亜州IR株式会社》

特集



新着PR情報