RSS

中国:ネット通販の9割引化粧水は偽造品多数、水で希釈して販売

2014年3月26日(水) 14時58分(タイ時間)
【中国】中国インターネット通販市場で9割引きなど極端に安値販売される化粧水は、ほぼ偽造品であるとの実態を中国のネットメディア「大洋網」が報じた。

大手メーカー製品の空瓶に安い化粧水を詰め替えて販売するといった不正が横行。空瓶を回収して、これら悪徳業者に販売するといった「偽造産業チェーン」が水面下で形成されているという。

 化粧品ネットショップを経営して3年が経つというオーナーは、「ブランド品の空瓶を仕入れて、それに水で薄めた化粧水を入れて販売する行為は、みなが知っている業界の秘密だ」と明かす。多くのネットショップが、水で薄めた化粧水を偽造、販売していて、その比率は「化粧水1に対して水が5」というのが普遍的。さらには1:9の比率に達しているケースもあるという。

 この市場の形成を裏で促しているのが、大手メーカー製品の空瓶を専門に回収して、業者に売りつける不正商売。サイト上には、「ブランド化粧水の空瓶を高く買い取ります」といった文言が頻繁に現れている状態だ。こうした専門買い取り業者は、浙江省義烏や広東省広州に多く存在。偽ブランド化粧品を製造するヤミ工場も乱立している。

 中国電子商務研究センターのまとめによると、中国の化粧品小売総額に占めるネット通販小売額の比率は2008年から2012年の4年の間に4.6→21.9%へと急拡大した。化粧品ネット通販市場は2015年に1200億人民元超の規模へと拡大すると予想されている。しかし、市場の主力は低・中価格帯商品やネットショップのオリジナル商品。世界の有名化粧品ブランドの多くは、中国のネット店舗に対して販売代理権を授与しておらず、有名ブランド商品は、偽造品である可能性が極めて高いとされる。
《亜州IR株式会社》


新着PR情報