RSS

中国:山西省の鉄鋼2位が経営難、業界再編加速か

2014年3月27日(木) 11時31分(タイ時間)
【中国】山西省鉄鋼2位の山西海シン(金が3つ)鋼鉄集団公司が経営難に直面している。これをきっかけに、鉄鋼業界内の再編が進む可能性が出てきた。

 民営大手の同社は、年産能力が600万トンに上る。すでに今年1~2月の2カ月にわたって原材料の鉄鉱石を調達していないという。毎日経済新聞が25日付で伝えた。

 今月18日に5号高炉が操業を休止。資金の流動性が低下する中で、残り5基を合わせた高炉6基すべてが稼働停止に追い込まれた。企業活動が継続できるかどうかは、取引銀行が融資を継続するか否かにかかっている状態だ。具体的な負債額などの詳細は明らかにされていないものの、同社の固定資産は約150億人民元。負債はそれほど多くなく、負債比率は60%に達していないとされる。

 一方、経営の正常化に向けた動きも出てきた。今月21日には、河北敬業鋼鉄集団公司の幹部が山西海シン鋼鉄を訪問。提携に向けて、再編や増資、管理受託、買収などの各方法を検討し始めたとされる。その数日前には、河北徳龍控股公司の幹部が山西海シン鋼鉄の工場を視察。債務の共同返済を柱とした再建策を提起したという。
《亜州IR株式会社》


新着PR情報