RSS

中国:金融債償還がピーク期入り、今年は最大82.7兆円

2014年3月27日(木) 11時31分(タイ時間)
【中国】中国の各企業は今年、金融債償還のピーク期を迎える。

 金融理財商品を代表する信託商品は、通年の償還額が4兆~5兆人民元(約66兆1400億~82兆6800億円)に上る見通し。償還のピークは第2四半期と第3四半期に訪れる。このほか企業の既発債約3000億人民元が年内に償還される予定という。経済参考報が26日付で伝えた。

 今年償還される4兆~5兆人民元の内訳は、信託商品別でインフラ整備向けが約1億4000億人民元、不動産開発向けが6335億人民元、産業向けが1兆7000億人民元など。この3種で多くが占められる。

 このほか重厚長大の各産業にとっては、銀行債務も重い。鉄鋼、セメント、アルミニウム、板ガラス、造船の生産過剰5業種だけでも、負債総額は足元で約7兆7000億人民元に膨らんだ。うち有利子負債の規模は5兆1500億人民元。大部分を銀行からの融資に頼っている。これの一部分が不良化しただけでも、取引銀行は大きな金融リスクを抱え込むことになる。
《亜州IR株式会社》


新着PR情報