RSS

バンコク郊外のゴミ不法投棄場火災、9日目にほぼ鎮火

2014年3月27日(木) 23時03分(タイ時間)
火災が起きたゴミ不法投棄場を視察するインラク首相の画像
火災が起きたゴミ不法投棄場を視察するインラク首相
写真提供、タイ政府
火災が起きたゴミ不法投棄場を視察するインラク首相の画像
火災が起きたゴミ不法投棄場を視察するインラク首相
写真提供、タイ政府
火災が起きたゴミ不法投棄場を視察するインラク首相の画像
火災が起きたゴミ不法投棄場を視察するインラク首相
写真提供、タイ政府
火災が起きたゴミ不法投棄場を視察するインラク首相の画像
火災が起きたゴミ不法投棄場を視察するインラク首相
写真提供、タイ政府
【タイ】バンコク郊外サムットプラカン県のゴミの不法投棄場で16日に発生した火災は24日までにほぼ鎮火した。インラク首相は同日、ヘリコプターで現場を視察し、同行したサムットプラカン県知事に再発防止策を講じるよう指示した。

 火災が起きたゴミ投棄場はバンプー工業団地の近くで、広さ約16ヘクタール。火災で悪臭を放つ白煙が上がり、周辺住民約1300人が目のかゆみなど体の不調を訴え、治療を受けた。
《newsclip》


新着PR情報