RSS

2、3月のタイ深南部テロ死者99人 女性斬首も

2014年4月4日(金) 13時58分(タイ時間)
パタニーの犯行現場の画像
パタニーの犯行現場
写真提供、Sunti Pattani
ヤラーの犯行現場の画像
ヤラーの犯行現場
写真提供、Sunti Pattani
【タイ】タイ治安当局によると、タイ深南部(パタニー県、ヤラー県、ナラティワート県の全域とソンクラー県の一部)でのテロによる死者は2月が59人、3月が40人に上った。死者の大半は一般市民だった。

 テロ事件の件数は2月が銃撃39件、爆破21件、放火2件の62件、3月が銃撃35件、爆破17件など53件。件数が最も多かったのはパタニーで43件、次いでナラティワート42件、ヤラー28件、ソンクラー2件。

 今月2日午後にはパタニーでバイクを運転していた女性(51)が銃で撃たれ死亡した。同日、ヤラーでは乗用車が銃撃を受け、乗っていた県内の村長の男性(47)と村役場職員の女性2人(50、47)が殺害された。犯人は死亡した女性1人の頭部を切断した。

 深南部では住民の過半数を占めるマレー系イスラム教徒の一部がタイからの独立を目指し武装闘争を続け、過去10年間に、マレー系イスラム武装勢力によるテロとタイ治安当局の弾圧で5000人以上が死亡した。
《newsclip》

特集



新着PR情報