RSS

三菱マテリアル、ラオスで温度センサー製造

2014年4月9日(水) 14時36分(タイ時間)
【ラオス】三菱マテリアルは9日、白物家電など向けのサーミスタセンサー(温度センサー)を製造する子会社「MMCエレクトロニクス ラオス」(資本金400万ドル)をラオスに設立したと発表した。

 ビエンチャン郊外のビタパーク経済特区に工場を設け、2015年3月に操業を始める予定。従業員は約600人。

 サーミスタセンサーの増産に向け、東南アジアで進出先を検討し、▽労務コストの低さと勤勉な国民性▽政府の投資奨励策によるインフラコスト、税制面での優位性▽ラオス語がタイ語に近いため、タイの自社製造拠点のノウハウ導入が容易――といった理由から、ラオス進出を決めた。
《newsclip》

注目ニュース

ラオス国境に新たな税関 タイ東北部ルーイnewsclip

【タイ】タイ東北部ルーイ県ターリー郡バーンナークラセンで、ラオス国境のフアン川に架かる橋のタイ側に税関の建物が建設され、18日、オープニングセレモニーが行われた。

【ラオス】JCBは5日、ラオスの大手商業銀行、ポンサバンバンクがJCBカードの発行を開始したと発表した。JCBカードの海外での発行はタイ、ベトナムなど16カ国・地域になった。

全長1メートル、ラオスで新種の大型ムササビ発見newsclip

【ラオス】2012年にラオス中部ボーリカムサイ県の市場で売られていたムササビが新種と確認され、「Laotian giant flying squirrel」と命名された。全長108センチ、体重1・8キロと大型。

【ラオス】三菱自動車は13日、ラオスのKLMインポート―エキスポート・ソール社に同国での三菱車の販売を委託すると発表した。取り扱い車種はピックアップトラック「トライトン」、スポーツ多目的車(SUV)...

第4タイ・ラオス友好橋が開通 newsclip

【タイ、ラオス】タイ・ラオス国境のメコン川に架かる4本目の橋「第4タイ・ラオス友好橋」の開通式が11日、タイのシリントン王女、インラク首相、ラオスのブンニャン国家副主席らが出席し、現地で行われた。

ラオス南部の発電ダム、年内着工 韓国企業が出資・建設newsclip

【ラオス】タイ政府系電力会社ラチャブリ・エレクトリシティー・ジェネレーティング・ホールディング(RATCH)によると、ラオス南部のセピアン・セナムノイ水力発電ダムの建設が年内に始まる見通しだ。

ラオス航空機がメコン川に墜落、乗客・乗員49人全員死亡newsclip

【ラオス】10月16日午後4時(現地時間)ごろ、ラオス航空のビエンチャン発ラオス南部パクセー行きQV301便ATR72―600型機がパクセー空港到着直前にメコン川に墜落し、乗客44人、乗員5人が全員死亡した。

特集



新着PR情報