RSS

タイのエアポートリンク運営会社社長、経歴詐称で解任

2014年4月16日(水) 22時09分(タイ時間)
ピーラカン氏の画像
ピーラカン氏
写真提供、S.R.T. Electrified Train Company Limited
【タイ】タイ国鉄(SRT)の子会社でバンコク都内と郊外のスワンナプーム空港を結ぶ高架電車エアポートリンクを運営するSRTエレクトリファイドトレインのピーラカン社長が経歴詐称により9日付で解任された。

 ピーラカン氏はSRTエレクトリファイドトレインの社長公募に応募し、2013年5月、同社社長に就任した。月給は12万バーツ。

 社長公募の際、年商10億バーツ以上の企業の経営幹部を務めた経験が応募資格のひとつで、ピーラカン氏はタイ証券取引所(SET)二部市場(MAI)上場のIT(情報通信)会社サイマット・テクノロジーの経営幹部だったとしていたが、その後の調査で、事実ではないことが発覚した。
《newsclip》

注目ニュース

【タイ】バンコク都内と郊外のスワンナプーム空港を結ぶ高架電車エアポートリンクは終点のパヤタイ駅と空港を結ぶ特急「パヤタイエクスプレス」の運行を13日で中止した。大規模な車両の整備修理のためとしてお...

【タイ】6日午前8時半ごろ、バンコク都内と郊外のスワンナプーム空港を結ぶ高架電車エアポートリンクのフアマーク駅で、各駅停車の列車が故障して立ち往生し、運行に遅れが出た。

タイ政府、エアポートリンク車両28両を追加購入newsclip

【タイ】タイ政府は3日の閣議で、バンコク都内と郊外のスワンナプーム空港を結ぶ高架電車エアポートリンクの車両28両の購入を承認した。予算は48億5500万バーツ。今後、入札を行って購入し、18カ月以...

エアポートリンク・マカサン駅―地下鉄ペチャブリ駅間の高架連絡通路開通newsclip

【タイ】バンコクの高架電車エアポートリンク・マカサン駅と地下鉄MRTペチャブリ駅を結ぶ高架連絡通路が7日、開通した。

特集



新着PR情報