RSS

ベトナムではしか流行、患者7千人超す

2014年4月21日(月) 04時09分(タイ時間)
【ベトナム】ベトナムでは年初来、はしかが全土で流行しており、患者数が7000人を超えた。ベトナムの声放送(VOV)が消息筋の話として報じた。

 ベトナム全土63省・直轄市のうち、61の省・市ではしかが発生しており、首都ハノイに患者の3割が集中しているという。

 国立熱帯病病院は今月16日に緊急対策会議を開き、はしかで25人、はしかによる合併症で83人が死亡したことを明らかにした。ハノイで患者数が多いのは、小児科などで院内感染が起きたためとみられる。
《newsclip》

特集



新着PR情報