RSS

中国:工業塩を食用に違法販売、広州で偽装グループ5人逮捕

2014年4月21日(月) 12時58分(タイ時間)
【中国】広東省広州市の黄埔区警察は17日、毒性を有する工業塩の違法販売グループを摘発したと発表した。

 2カ所の拠点に踏み込み、容疑者5人の身柄を拘束したという。コンピュータ制御技術を導入し、5人組は大量の工業塩を1時間当たり500キログラムのペースで自動包装。現場からは出荷を待つ工業塩10.1トンが見つかった。正規の食塩パッケージとほぼ同じ袋、10万枚あまりも押収されている。

 主犯格の彭(姓のみ公表)によると、2013年10月から偽食塩の生産、販売に手を染めた。白雲区江高でトン当たり約400人民元の工業塩を仕入れて、包装を変えた上で「食塩」と偽装。トン当たり1500人民元に設定し、黄埔、海珠、天河、白雲の各農産物市場で売り捌いていたという。累計の販売量は1000トン超に上る。

 見た目では食塩と変わりないものの、工業塩の主原料は人体に有害な亜硝酸塩。重金属も含まれているため、摂取すれば急性中毒やガンの発生リスクが高まる。1人が0.2~0.5グラム摂取しただけで中毒症状が出る。3グラムを摂取すると死に至るという。工業用塩は医薬や印刷、漂白などに使われる。

 中国の「食品添加剤使用衛生標準」規定によると、肉1000グラム当たりの亜硝酸塩含有量は安全上限0.15グラムと定められている。
《亜州IR株式会社》


新着PR情報