RSS

豊田通商とジャルックス、ビエンチャン空港の運営契約延長

2014年4月22日(火) 23時19分(タイ時間)
【ラオス】ジャルックスと豊田通商は3月20日付で、ラオスの首都ビエンチャンのワッタイ国際空港の国際線ターミナル運営契約の5年間延長についてラオス公共事業・運輸省と合意した。

 両社はこれまで15年間、ワッタイ国際空港の国際線ターミナルを運営してきた。同空港の国際線旅客数は1999年の約10万人から2013年は約79万人に増えた。
《newsclip》

注目ニュース

【タイ】J―オイルミルズ(東京都中央区)と豊田通商タイランドは高付加価値でん粉の販売・商品開発、油脂製品販売を手がける合弁会社を5月にタイに設立する。

【マレーシア、タイ】豊田通商は26日、自動車用アフター部品と産業資材の大手卸売り会社であるマレーシアのボルネオ・テクニカル(マレーシア)とタイのボルネオ・テクニカル(タイランド)の全株式を取得した...

【タイ】豊田通商はトラックの運転技能研修、交通安全教育などを行う施設「TTK交通安全教育センター(TPRO)」を昨年1月、タイ東部チャチェンサオ県に開設し、今月28日、開所式を行った。 TPROは4...

特集



新着PR情報